大推薦!「ACT‐Kの挑戦」高木俊介著

ACT(Assertive Community Treatment)とは何か。24時間365日、精神障害者に医療と福祉の一体化した訪問による生活支援を行うACT‐Kの実践レポート。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
高木 俊介
1957年生まれ。京都大学医学部卒業。光愛病院(高槻市)、京大病院精神科、ウエノ診療所を経て、現在、たかぎクリニック(京都市)を開設。ACT‐Kを主宰し、精神科在宅医療に取り組んでいる。「精神医療」編集委員(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)