ACT-ひふみ コロナウイルスへの対策について


~緊急事態宣言前~

全体会議で共有
・風邪症状があった場合や体調不良を感じれば無理せず休む(熱発時は必ず)。

【診断手順と定義を確認】
4日間37.5の熱発・強いだるさ・息苦しさ。
続く場合に受診。
咳・痰などの感冒症状を認めた場合、X線で肺炎像が見られた場合、PCR検査で+の場合、隔離。

現在している対応として・・予防のために、利用者さんから訪問を止めて欲しいというご希望があった場合にそれに従う。

○利用者さんや家族に陽性反応が出た場合。
濃厚接触者として検査を促された時、新型コロナ受診相談センターの指示に従う。
○スタッフに発症者が出た場合。
スタッフ全員が濃厚接触者となる時。
チーム全体が動けなくなる場合が起こる可能性。ここを防ぐ必要がある。

予防的対応による影響・・利用者さんや家族に対しての不利益はなにかについて検討。
濃厚接触者への見通し・・スタッフ一人に陽性者が出た場合、新型コロナ受診相談センターへ相談する。感染が起きたときに、機能をどこまで維持できるか。

⇒コロナについて情報共有を行う。新型コロナウイルスや感染に対しての考えや危機意識は利用者、家族、スタッフによる考え方の違いがある。どう対応するにも「継続して話し合う」ことを確認する。


2020年4月7日 緊急事態宣言

(埼玉、千葉、東京、神奈川、大阪、兵庫、福岡の7都府県を対象)

■緊急事態宣言を受けて

【チームとしての対策】
新型コロナウイルスについて情報共有を行い共通認識を持つ
病院への面会制限、カンファレンス制限、通所支援中止、
アシスタント含めスタッフ全員が事務所に集まらず記録など事務所への出入りは時間をずらす
訪問スタッフを最小限にする(基本的に主担のみ)
最小限の訪問回数
訪問スタイルの変更(戸外での面会、ドライブの中止、外出支援の最小化、通院支援の最小化、)
申し送り(朝、夕二回)やITTミーティング(意識して随時)はオンラインツールを利用
身体疾患のある利用者へ体調管理の支援
ひふみの支援がないと生活自体が難しい方のリストアップ、必要な訪問の確保

【個別の対応】
体調管理(マスクの着用、うがい、手洗いの徹底、毎日の検温、業務時間外でも不要不急の外出自粛、体調不良時は必ず休む)

⇒ 二週間ごとに経過を確認し、次の二週間の動きを決定する


2020年4月16日 緊急事態宣言(全国へ拡大)

4月24日屋外でミーティング
→この体制を続けていく上での課題を挙げる、申し送りの仕方・情報共有の仕方、ITTの情報共有
訪問の在り方を検討し続けていく必要がある

【振り返り】
・ちょっとしたことの共有の出来なさ
・パフォーマンスの低下は著しく、精度を上げる工夫が必要
・顔を合せて行うミーティングがないことでの不安感。今まではそこに自然とスーパーバイズの機能が・存在していたことを再認識した
・感染予防ニードと訪問ニードを分けて考えないといけないのではないか
・家庭と仕事の切り離しが難しい
・WEB会議ではリアクションがわかりにくい
・チームで会わないことで雑談しなくなる、些細なことを話さなくなることのさみしさ
・個人で動くことでの自分の力量、判断力、チームやITTに何を求めていたかを振りかえるチャンスではないか
・申し送りを短く、ITTミーティングをしっかり出来たほうがいいのではないか
・うちの支援の何を大事にするのか
・この人に「いま」必要なこと、うちに出来る最大限のことをITTで話し合う
・この体制でどこまで持つのかというギリギリのライン(経営面)も確認

⇒屋外にて週一回距離を開けてミーティングを行う


2020年5月21日 緊急事態宣言 区域解除

2020年5月22日
【振り返り】
・まずはこの体制にして、誰も感染することなく、スタッフも家族も利用者も利用者家族も感染しなかったことはよかった
・業務上のミスも頻発、スタッフ間の連携ですれ違うことも見受けられた

【今後の体制】
○出勤について
まずは体調管理、調子が悪いときは必ず休む。毎日の検温は継続。
月、木曜日の事務所でのミーティング、換気を行いながら1時間と決める。
基本事務所での業務は、重ならないようにする。

○訪問について
余暇的なこと(ドライブ、飲食など)は支援者側も安心できないと難しい
すぐに今まで通り、元通りにはしない
面会、カンファレンス、通所支援の最小限の再開
担当者や訪問回数を少しずつ増やす(ただしITTスタッフ一人は訪問に加わらず、非常時の人員として残しておく、可能なケースはITTの中で訪問スタッフを二週間交代にし、誰かが継続できるようにしておく)

今後の体制は二週間ごとにチーム全体で検討

何よりまずは状況を説明してご本人、ご家族の意向の確認(ただし必要な制限はチーム全体の方針として伝える)

※宣言前の体制に戻すのではなく新たに作り上げていくイメージ