感染症対策について (一般社団法人Q-ACT)

今回の新型コロナウイルス感染症の拡がりをご心配されていることと思います。そこで、皆様にサービスを続けるための当事業所の対策についてお知らせいたします。

日常的な対策

  1.  1日2回の検温と報告
  2.  手洗い及びうがいの慣行、社内外でのマスク着用
  3.  移動時の公共交通機関の利用を極力避ける
  4.  事務所内の換気の徹底
  5.  訪問車両内の換気及び除菌・消毒
  6.  大人数での会議を実施しない
  7.  オンラインでの情報共有
  8.  必要時を除き、事務所には出勤せず、直行直帰の勤務体制とする

体調不良時の対策

  1.  本人または家族が37.5℃以上の発熱や咳などの症状がある場合は、出勤停止とし、専門機関に相談の上、必要に応じて医療機関を受診する
  2.  症状が治まるまでは、基本的に自宅待機とする

コロナウイルス感染または感染の疑いがある場合

  1.  本人または家族にコロナウイルス感染または感染の疑いがある場合は、最低2週間は出勤停止とし、専門機関に相談の上、必要に応じて医療機関を受診する。その後の出勤復帰については専門機関、医療機関の指示を仰ぐ。
  2.  感染者または感染の疑いがある者以外の出勤について、専門機関に相談の上、検討する。

 


 

資料・書式

感染症対策に伴う同意書

グループホームにおける新型コロナウイルスの集団感染防止策についての承諾書

[利用者配布] 新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止について

新型コロナ対策MT